TOP / ドック・各種健診 / 内臓脂肪測定(メタボの検査)

内臓脂肪測定(メタボの検査)

高血圧・糖尿病・高脂血症など生活習慣病の大きな要因は、おなかの中の「内臓脂肪」のしわざであることがわかってきました。最近話題になっているメタボリックシンドロームとは、内臓に脂肪が蓄積した肥満(内臓脂肪型肥満)によってさまざまな病気が引き起こされやすくなった状態です。「内臓脂肪」は運動不足・栄養のとりすぎ・たばこストレスなど悪い生活習慣によってたまっていきます。

内臓脂肪測定

上の写真を見てわかるように、おなか回りの数値だけでは皮下脂肪型なのか内臓脂肪型なのか判断できません。内臓脂肪の付き方には個人差が大きく、おなか周りや体重だけで、その量を正確に推定することは困難なのです。CT画像を解析することにより、内臓脂肪量・皮下脂肪量を測定することができます。ご自分の脂肪の付き方・脂肪の量を確認していただき、生活習慣を見直すきっかけにして下さい。

CT検査で内臓脂肪の面積が100㎠以上またはおなか回り(男性85cm以上 女性90cm以上) + 高血圧・脂質異常・高血糖のいずれか2つ以上の病気を持つ

メタボリックシンドロームの状態が長く続くと動脈硬化が進み、将来心筋梗塞・狭心症・脳梗塞などを引き起こす可能性があります。内臓脂肪の測定は、肥満の管理や治療だけにとどまらず、動脈硬化性疾患の予防や治療にも極めて重要です。年に一度の検査をお勧め致します

検査料金(保険適応外)¥2,100

  • 新着情報
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
ページの先頭へ戻る

(c) 2014 KEGO HOSPITAL All Rights reserved.